本文へスキップ
一級建築士事務所 長谷川泉設計室

新町の家

玄関を入るとワンルームの空間が広がっている。
わずかな段差とその素材の違いにより、玄関兼廊下の通行の場とLDK側の生活の場が分けられている。
玄関ポーチにはクライアントお手製のタイルが敷かれ、所々に和を感じられる要素を配している。
南側中央にくぼみを付け、囲むようにデッキを配した。敷地一杯に建っているが、隣地アプローチの庭を借景として、
小ぶりながらもLDKと続いた外部スペースを確保した。

所在地 :東京都世田谷区
用途  :専用住宅
敷地面積:99.84u
建築面積:49.78u
延床面積:99.56u
構造  :木造在来工法、ベタ基礎
規模  :地上2階、ロフト付
竣工  :2009年4月

ナビゲーション